スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の髭

ネトゲばかりしてめったに部屋から出ない信直が、珍しく外に出ていたそうです。
灰色の髪の人は北信愛。候補の中でなれる見込みが一番無かった信直を南部当主に擁立し、信直と二人三脚頑張って南部を作りあげていった人です。



maigo1.gif
maigo2.gif

!?

つ、津軽為信っていたら、髭じゃないか!髭殿じゃないか!筋骨隆々筋肉じゃないか!(?)180センチじゃないか!!!信直の父親の仇および嫌いな野郎№1じゃないか!


・・そう思っていた時期が、私にもありました・・。

いや、普通に今もそう思っているんですが(笑)
「天を衝く」という小説で、筋肉ムキムキの為信を家臣達が惚れ惚れして眺める・・というなんとも反応しづらい描写があり、家臣達の為信を想う気持ちが炸裂していたので、もう私は津軽に対してそういうイメージ持ってしまったんですが(どういうイメージだ)、筋骨隆々為信からだんだん妄想が膨らんでいき・・・

荒れる津軽海峡を眼前に、岬の先っちょに褌一丁に立ち、波がさらに荒れてきたところで海に飛び込む為信・・(どう考えても死にます)。そしてなんか海の主みたいのを担いで海から出てくる為信・・。歓声を上げる家臣・・

ていうか褌一丁で戦う為信・・!凄まじい鬼神が如き強さ!家臣たちは、「ならば俺たちが殿の鎧じゃ!」と一致団結。

当然はずれる褌。

「隠せーーー!俺たちが殿の褌じゃ!津軽の宝を敵にさらすな!」

為信のpuripuriのお尻とアレは津軽のまさに宝であった・・(アホか)
そこまで津軽のみんなを魅了して止まない為信の魅力を信直も味わうがいいっ!
ということでこういうことに・・・


maigo3.gif


髭殿じゃねーじゃん!という事で、一応そこらへんの髭ネタもあるので次回はそっちのほうをマンガにしてみます。あと何故嫌いなはずの為信の正体に気がつかないのかも次回・・
お察しの通り管理人は為信が大好きです・・!


スポンサーサイト

ムカデ姫について

南部利直の正室は、蒲生氏郷の養妹の武姫(源秀院)です。
この人物なのですが、またの名を「百足姫(ムカデ姫)」といい、私の高校のときの通学路にあった案内標示に「ムカデ姫の墓」なるものがあり不思議だったんですが、歴女になって謎が解けました。
ずっと「ムカデとかどんな姫だよ気味わりぃ」と思っていましたが利直の奥さんだったのですね。
何故ムカデという、女子ならまず嫌う名前をつけられてしまったのか。
蒲生氏郷の蒲生家は平安時代に活躍した藤原秀郷と末裔と言われ、その際の百足退治の伝説が有名であり、蒲生家の家宝であるその際使用した(と言われる)弓の根石を南部家に嫁ぐ時にムカデ姫は持参します。
利直は南部での鉱山開発に成功し、ムカデは採鉄に縁ある虫であるから、ムカデ姫の持参した弓矢の根石を手に入れた事、そして中央政権に通じた蒲生と接近できたことは南部にとっていいことでした。
だがしかし間も無く蒲生家は家のごたごたにより下野へ転封し蒲生の権力も失墜。南部でのムカデ姫の立場も微妙になっていき、利直はムカデ姫の侍女に手を出し側室にしたり、とりあえず蒲生家への遠慮は無くなっていたみたいですね。利直は側室が結構いるし、私のイメージでは利直の父信直の義父晴政も女好きのイメージがあるから、信直とは不仲だったみたいだけど利直だったらうまくいったんじゃ・・(笑)

そのムカデ姫がどのように暮らしたかはわかりませんが、亡くなった際体にムカデのような痣があらわれたそうです。
それを「ムカデの呪いなんじゃないか」と思い込んだ妄想力逞しい当時の人は、ムカデが水を嫌う習性があるというので、姫の墓の周りに堀を廻らせ橋を架けました。まだ何の実害も起こってないのに恐がりすぎな気がします。
姫の墓の橋は不思議なことに一夜で壊れてしまい、何度直しても壊れ、それは何処からか湧き出たムカデが橋を壊してしまいました。お墓参りにいけないじゃん!
それどころか、姫の髪の毛が片目の蛇となり、精神的に限界を感じた墓守はとりあえず蛇の出てくるところに鉛を流して防いだそうですが、なんという仕事人・・。
そういう経緯がありムカデ姫という有難くないあだ名をいただいたようですが、実際こんなことがあったとは信じることがあまりできないので、おそらく姫はあまりよくない待遇を利直から受けていて、それを怨んでいたんじゃないかと思う人達が偶然壊れた橋をきっかけに流した噂なんじゃないでしょうか。とりあえず姫がこんな妖怪みたいになってしまったのは利直のせいであると思う(笑)。
私はムカデ姫の墓にまだ行ったことがないので、今度行ってみようと思います。
それにしても南部家、信直の家督相続経緯が殺人2時間ドラマで、今読んでる南部本が、晴政の愛情をめぐっての九戸政実のどろどろした嫉妬(政実お前!?)とか昼メロドラマだし、ムカデ姫の妖怪話とか、もうお前ら面倒くさいよ・・(ええええ)という感じになってきます。なんなんだよこの一族・・(笑)


ムカデ姫だけど、蝶だらけにしておきます。
mukade.gif
キリシタン説もあるから、金髪です(?)。

成人式

新成人の皆様、おめでとうございます。
という事で、成人式南部家。
seijinnsiki.gif

成人といえど、学生の人はネクタイうまく結べなさそうですよね。だがそれがいい!きっと親に結んでもらったりしているんだろうな。

利直「父上、うまく結べないからやってくれ。」

信直「何言ってんだ・・日本を代表する引きこもり大名のおれが、社会人を代表するネクタイなんぞ締められるわけがない!!!そうゆうのは北信愛にやってもらいなさい!!おれは知らん!」

信直がネクタイという働く男の象徴を、結ぶのはおろか手にしたことすらあるまい・・!!

そういえば盛岡だとアイスアリーナという、名前からして肌寒い所で成人式を行うんですが、ここ冬場はスケートリンクになっていて、その上にゴムみたいの敷いてその上で成人式をするんですが、案の定寒くてしかたがないです。主役を苦しめ、式が終わったらとっとと出で行けという無言の訴えがひしひしと伝わってくるようでもあります。
雪深いところでは夏に浴衣で成人式したりしますが、私はそっちのほうがよかったな・・。振袖を着たんですが、あれは人を窒息させるものだと認識しました。

戦国時代の仲直り(?)完

だいぶ間があいてすみません! 
続き

nakanaori7.gif
nakanaori8.gif
nakanaori9.gif
nakanaori10.gif


結局仲直りしてないじゃん!
しかし、清正がそっち系に走ってしまったようです。
という事で、清正→行長で行こうと思います・・。

だって信直。

待ち焦がれる要素のない漫画の続きはもう少し待ってやってください・・。

南部利直の父、南部信直のイメージは、こんなんです。↓
nobunao.gif

信直の手紙の中に、こんなものがあります。


「都会の大名は私のような田舎者を馬鹿にして、恥をかかせます。だから、月に一度の
前田利家殿と会う以外は、屋敷から出ていません。


ぶっちゃけ南部に帰りたいんですが。」

がんばれ信直!負けるな信直!

しかしこんな手紙送るなよ(笑)外に出てくれよ信直!都会を肌で感じてほしい。
という事で信直のイメージは引きこもりです・・。これぞ初代のガチ引きこもり「働きたくないでござる」の雄々しい姿であった・・。

けど信直はまわりが何でもやってくれるイメージもあるから、何とかなるんでしょう。ていうか、何にもしないから息子が出来が良くなったのだと思います。

プロフィール

Author:長谷川
 長谷川 南部住みの20代♀
戦国を主に、自分勝手に解釈した歴史を語ります。
内容の正確性には期待しないでください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
リンク
登録サイト様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。